「ほっ」と。キャンペーン

Hey Ho Let's Go!


by chitlin

Primal Scream / Dixie-Narco EP (1992)

 たったの4曲入りながら、これぞまさしく『Screamadelica』(1991)の旨味を抽出したような逸品です。
 怒濤の1991年に引き続き、Primal Screamが放ったのがこの『Dixie-Narco EP』(1992)です。

e0038994_075829.jpg

 その『Screamadelica』とひと続きで聴くのが正しい姿でしょう。それこそ最終曲がM4「Screamadelica」なのですから。 

 実際にJimmy Millerが制作に関わっているのは件の『Screamadelica』にも収録されているM1「Movin' On Up」のみという訳なのですけれど、同じく『Screamadelica』収録の「Damaged」と同様の系譜を受け継いでいながらさらに深化したM2「Stone My Soul」のどこか『Let It Bleed』The Rolling Stonesを彷彿とさせる枯れ具合が泣けて来るほど美しいのです。

 泣けて来るほど美しいと言えば、胸が押し潰されるようなM3「Carry Me Home」があのDennis Wilson作というのですから驚きです。

 その哀しさは半端ではありませんよ。この世のものとは思えないほどの霊気を纏っているかのようです。
 是非とも原曲を聴いてみたいものです。





♪「Movin' On Up」Primal Scream

[PR]
by chitlin | 2007-08-18 00:02 | Pop/Rock