Hey Ho Let's Go!


by chitlin
カレンダー

Sambalanço Trio / Vol.1 (1964)

 久し振りにロック・ミュージック以外の音楽に身体を預けてみました。Sambalanço Trioのデビュー盤、『Vol.1』(1964)です。
 ルルさんが書かれた記事へのトラックバックを兼ねております。ルルさん、お帰りをお待ちしておりますよ。

e0038994_04455.jpg

 以前に採り上げたTenório Jr.の『Embalo』(1964)とは異なりましてRge Clássicosからの復刻が為されていないのですけれどもBomba Records盤を楽しむことが出来ます。
 最近、そのBomba Recordsからジャケット・デザイン違いの紙ジャケットCDが発売されたのですね。

 このSambalanço Trioの奏でる音楽がジャズ・サンバなのかサンバ・ジャズであるのか呼び方はともかく、数あるピアノ・トリオ作品と毛色が違うと感じさせてくれるのが、ここ数日の肌寒い気候と符合するかのような落ち着いた雰囲気と言えそうです。

 ブックレット中の解説によりますと、ピアノ担当のCesar Camargo MarianoがBill Evansから影響を受けたとのことですので納得ですね。

 冒頭のM1「Samblues」の熱い演奏以外は案外と内なる想いを秘めたような抑制の効いた楽曲が並んでいます。

 最後に置かれたM12「Sambinha」には3人の流暢なスキャットが挿し込まれているという素敵な1曲です。
 最終曲だけに大変に印象深いものとなりますよ。
[PR]
by chitlin | 2007-09-02 00:06 | Brazil/Latin