Hey Ho Let's Go!


by chitlin

砂利で踊る

昨夜『タモリ倶楽部』では空耳アワード2005が放送されました。
ワールドミュージック編は空耳の宝庫ですが、不謹慎ながらも特筆すべきはロック編の「Layla」Derek And The Dominosでしょう。
また、元Megadethのギタリストが出演し、彼の発言の数々が非常に興味深いものでした。例として「(歌に合わせて)一緒に歌わない」というものがありました。サビでのシンガロングは当然としても後はどうでもよいらしいというアメリカ人気質。
やはり、カラオケ文化は日本独特のものなのでしょうか。
来週放送の後半も楽しみです。
[PR]
# by chitlin | 2006-01-14 16:23 | 雑感
 Sam Cookeが憑依したかの如く歌い込むLouis Williamsを中心とした3人組が残した録音を掻き集めた渾身の編集盤です。

e0038994_2027169.jpg

 彼らがGold Waxに残した全シングル両面曲と日本のVivid Sound Corporation制作のアナログ盤で発表された8曲に未発表1曲を加えた構成です。

 先にKent Recordsから発売された『The Gold Wax Story Vol.1』(2001)、『The Gold Wax Story Vol.2』(2004)にもThe Ovations Featuring Louis Williamsの音源が数曲ずつ収録されており、復刻作業が本格的に開始されるという期待と注目を集めてから数年、ソウル・ファン待望と言える2005年最大級の収穫です。

 軽めの楽曲がいくつか含まれてはいますが、これぞディープ・ソウルといった風格を備えバックの演奏にも重みがあり、存分にその味わいを楽しむことが出来ます。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-28 23:43 | Blues/R&B

Beck / One Foot Grave (1994)

 Beck自身のルーツが露わになった弾語りのフォーク・ブルースを中心として、楽曲によっては崩壊寸前のバンド・サウンドが付く私家版のような1枚です。

e0038994_20243632.jpg

 この頬の赤い童顔の青年が例えば、M1「He’s A Mighty Good Leader」Skip Jamesを全うにカヴァー(一部改作)する。そういう素地があってこそ他のアルバム、作品での編集感覚が光る訳です。

 メジャー・デビュー作『Mellow Gold』(1994)の大ヒットの喧騒をよそに、2度のDub Narcotic Studio詣でを経てK Recordsより発売された作品です。
 実際にDGCとの契約以前に録音された楽曲が収録されているとのことです。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-27 22:51 | Pop/Rock
 本作にも収録されている数々のヒット曲を放った矢先の1954年12月のクリスマス、ロシアン・ルーレットにて誤って自らの命を絶ってしまったのが稀代のR&Bシンガー、Johnny Aceです。

e0038994_2020563.jpg

 彼の死後、急遽纏められたこの唯一のアルバムを聴くと彼が如何に大変な才能の持ち主だったかを思い知らされます。

 彼の死の直後、大ヒットを記録したM1「Pledging My Love」を筆頭に収録曲の大半が夢見るような甘口のものです。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-25 20:16 | Blues/R&B
 創業30周年を迎えた復刻専門のAce Recordsが傘下のレーベルをも挙げて取り組んだBig Beat Records版のCDです。

e0038994_2015438.jpg

 ご祝儀代わりに購入してみた本作は所謂ナゲッツ・バンドを取り揃え、有名な定番曲から発掘音源まで収録されています。

 Rhino Recordsが骨抜きにされた現在、Sundazed Recordsを引き離す勢いで傘下レーベルを含め膨大な量を放つAce Recordsの独走態勢と言っても良いのではないでしょうか。

 緻密なデータ調査や音質向上を実践し、アメリカ人自身が半ば放置しているオールディーズを中心に情熱と愛情を込め、未発表音源まで掘り起こす偏執的なまでに徹底した復刻作業には圧倒されるばかりです。

More
[PR]
# by chitlin | 2005-12-20 00:11 | Pop/Rock

Rei / Harakami (2005)

 発売された当初、行く先々のレコードショップで売切れを起こしていたので、購買意欲を煽られました。

e0038994_1311080.jpg

 折り込まれた過熱気味の解説にある通り彼の鳴らす音はコロコロとしており、まるで河原の石ころのように丸く研ぎ澄まされていて有機的な温かさを放射しています。

 この作品に出会い、音楽を聴いて癒されることを覚えました。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-17 20:00 | J-Pop
 天空を舞うストリングス、飽くまで紳士的なリード、そして見事に重なるコーラス・ワークはまさに兄弟グループならではの仕上がりです。

e0038994_1259577.jpg

 Motownの全盛期を支えたソングライター・チームHolland – Dozier – Hollandが立ち上げた Music Merchant Records唯一アルバム、そして彼らにとっても唯一のアルバム作品です。

■追記
 2006年1月、紙ジャケット仕様CDとして再発売されたので買い直した次第です。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-15 21:57 | Blues/R&B
 ピアノ・トリオによる永遠の金字塔です。

e0038994_12453830.jpg

 闇雲にジャズの大海原に足を突っ込んだものの半ば途方に暮れていた時期に、ジャズ・ピアノ経験を持つ同僚に勧められたのが本作です。

 端正ながらも密やかな情念を湛えているかのようなBill Evansの鍵盤捌きです。

 ところが、どうもScott LaFaroによるベース・ラインに耳が惹きつけられてしまいます。

 グラスの鳴る音や疎らな拍手といった独特の生々しい成分を含むライヴ盤であることも手伝って、ジャズなるものの醍醐味の一端を感じ取れたのではないかと思う1枚です。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-13 22:44 | Jazz
 John Lennonが凶弾に倒れて25年という節目です。彼の作品と聞いて連想するのは、「Cold Turkey」や「Instant Karma! (We All Shine On)」といった辺りです。

e0038994_1442678.jpg

 コーラスの“We All Shine On”という歌詞に背中を強く押される気にさせられます。


 1970年1月末に録音作業に取り掛かり、翌2月6日には発売してしまったという手際の良さからも好調ぶりが窺えます。


 Phil Spector については、ギターを担当したGeorge Harrisonが推薦したことから後の『John Lennon / Plastic Ono Band』や『Imagine』に連なる作品に貢献することとなったようです。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-08 22:46 | Pop/Rock
 1975年に録音したものの1978年になって発売されたという不遇の3作目です。

e0038994_204374.jpg

 Big Starと言えば元祖パワー・ポップという明快な印象とは程遠く、一聴して非常に内省的であることや底知れぬ深みを感じますが、音響処理にしても虚ろな心境を反映したかように独特です。

 今回、紙ジャケット仕様で再発売された訳ですが、このジャケット・デザインがオリジナルだということを初めて知りました。
[PR]
# by chitlin | 2005-12-05 22:03 | Pop/Rock