人気ブログランキング |

<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

おじさまいや? (1997)

 本作は、大映レコード野望編『夜を抱きしめたい』(1997)に続く幻の名盤解放歌集*大映レコード蒸発編に当たる『おじさまいや?』です。

e0038994_2347836.jpg

 “すべての音盤はすべからくターンテーブル上(CDプレーヤー内)で平等に再生表現される権利を有する”

 この宣言通り、この世の果てに打ち捨てられた特異な歌謡曲の亡骸を掬い取るべく活動に勤しむ幻の名盤解放同盟。

 アナログのレコード盤よりも実は業が深い歌謡曲の一大絵巻として彼らが丹精込めてまとめ上げた編集盤シリーズを採り上げて行きます。

 解説にもある通り、中年紳士との援助交際を連想させる怪演、M1「おじさまいや?」とそのB面曲のM2「キッスしてっ」はどちらも秘め事などには感じられませんね。
 本盤のジャケット写真として使われているようにあっけらかんとした不釣り合いな画面が逆に生々しいとも言えるのです。

 そんな援助交際に勤しむ麻里エチコがM4「くたばれ野郎ども」におきまして、その本性を晒します。
 威勢良く啖呵を切る女番長歌謡がいきり立った中年男性たちを一気にねじ伏せます。

 回転数をいじった嘆息がこの世の終わりを感じさせる M5「浪人ブルース」については、これが世に出たこと自体、驚愕に値するのではないでしょうか。
 一般向けという枠組みを軽々と無視したテープ編集が絶妙に奏功しておりません。
 それでも、この厭世感は私、chitlinの18歳の頃と重なりますね。

 ザ・トーイズの2曲がさらに本盤の前半を盛り上げます。
 M6「お宮さん」では“しづごいぜ〜”とヴォーカリストがインドネシア出身ならではの歌い回しを楽しむことが出来ますよ。摩訶不思議なグローバル感覚を宿した希有なGSですね、これは。

 M7「じょんがらゴーゴー」におきましてはエレキが脇目も振らずに走っています。リズム隊も共に突っ走る軽快過ぎるダンス・ナンバー。
 じょんがら万歳!

 これまた解説にもある通り、M3「青春笠」で聴ける演奏がザ・トーイズそのもの(←実際には異なるそうです)なのですよ。表題そのままの青春歌謡丸出しの様子が少し痛々しいものです。

 所謂、ひとりGSと呼べるM9「泣きべそマリア」も前半の聞きどころですね。
 芯が通っていながらも、色香たっぷりの歌唱が殿方の胸を焦がして行くことでしょう。

 続くM10「真夜中の遊園地」を歌うはまたしても麻里エチコ。
 女番長からウブな少女へと早変わりを演じるように、変幻自在の彼女による舌足らずな歌がうら寂しさを倍増させることでしょう。

 それにしても、先のM1「おじさまいや?」とM2「キッスしてっ」のシングルが後から発売されていたという事実!女性という生き物はいったい・・・。

 ちっとも冒険する気に聞こえない調子のM11「冒険しちゃおかな」など女性ヴォーカルが続きまして(ガール・ポップとは言い難し)。

 大人の女の雰囲気が独りでに滲み出すM14「夜霧の中でさようなら」、実に良い喉の持ち主、島譲二のM15「恋の落日」で以て後半も盛り上がって来る訳ですよ。

 M16「札幌ブルース」にM17「涙のラブレター」、M18「蒸発」を披露する久保内成幸とロマネスク・セブンにつきましては、相当実力のあるグループとお見受けします。

 幻の名盤解放歌集*ビクター編の『渚の歓喜(エクスタシー)』(1992)にも収録されていますけれど、ムードコーラスの醍醐味を存分に味わうことが出来る本格派です。ハワイアンが苦手であることが判明した私、でさえ恍惚の表情を浮かべてしまうくらいの佳曲群です。

 見事に1960年代末の音源で固められた大映レコード野望編にありまして、妙に映像的な音作りが本盤の特徴ですよ。

More
by chitlin | 2007-09-30 23:49 | J-Pop
 The Beach Boysの問題作と言いますと、これはもう『Smiley Smile』(1967)にほかなりませんよね。
 非常に苦し紛れのアルバム作品、普通に考えれば果たして発売に値するか言わずもがなのような気がします。

e0038994_23464090.jpg

 今から40年も前の作品ということは、当時35歳の方々が75歳になる訳ですね。(←特に意味はございません)

 『Smile』の制作が頓挫してしまう以前から精神的に破綻してしまっていたであろうBrian Wilsonが想い描いた夢の残骸。
 惨めなくらいに痛ましい音の欠片が拾い集められ、無理矢理に飾り付けられた感触しか残りません。

 何をどうやってもヒット曲のM1「Heroes And Villains」とM6「Good Vibrations」に耳が向かうのは致し方ないところです。

 壮大な場面転換が見られる M1「Heroes And Villains」の大幅に整理整頓が行き届いた完成度の高さには目を見張るものがありますしね。
 確かに大好きな1曲です。

 誰もが認める完璧な傑作シングル、M6「Good Vibrations」と来れば何度聴いてもプログレッシヴ・ロックを超えたそのポケット・シンフォニーにうっとりするどころか度肝を抜かれること請け合いでしょう。
 実に素晴らしい不滅のポップ・ソングですね。

 あとはヴォーカル・グループとしてのThe Beach Boysを楽しむことが出来そうなM2「Vegetables」くらいしかめぼしいものないのですよ。

 そんな目詰まりを起こしたようなちぐはぐで不気味な収録曲の中にあって「Wind Chimes」と「Wonderful」などもまだましな方なのでしょう。

 面白がって聴けば、そりゃサイケデリック・ロックのひとつとして楽しむことが出来るのかも知れませんが、そうとも限らずに積極的に接することには億劫であるのは変わらないのです。
 極めて特殊な1枚ですね。

More
by chitlin | 2007-09-29 23:45 | Pop/Rock

ふしぎ

 『大人の科学マガジンVol.17』を手に入れてみました。
 買い出しのついでに書店に寄りまして。残業することが判っていましたので。

e0038994_22102729.jpg

 特集記事が“テルミン博士とふしぎな電子楽器”で付録が“テルミンmini”ですよ。

 勿論、付録に釣られてしまいました。2,299円なり。

 例によって未開封です・・・。

 それにしてもです。
 忙しさにかまけて経理課で清算することを忘れたからといって、財布の中が空っぽというのはいかがなものかとじっと手を見つめてみました。
by chitlin | 2007-09-28 23:58 | 雑感

POP

 先日から、何の因果かPerfumeに夢中です。

 正確に申し上げれば、彼女たちの「エレクトロ・ワールド」の虜です。 

 ええ、近未来型テクノポップ・アイドルユニットと呼ばれる彼女たちの容姿に関係なく、この楽曲自体に聞き惚れてしまっているのです。

 こちらもよりもこちらの方がずっと良いです、音が。

 以前よりもテクノ色は薄くなってしまったようですけれど、断然好みです。

 完璧なポップ・ソングです。完璧。

 流しているだけで、平気で2時間くらいは過ぎ去って行きます。

More
by chitlin | 2007-09-27 23:52 | 雑感

ロック秘宝館 (1994)

 監修と選曲をロッキング・オン誌の田中宏明が担当、和田ラヂヲ渾身のジャケット・デザインが眩しい、その名も『ロック秘宝館』(1994)のご案内です。
 ワーナー・ミュージック・グループ、所謂WEA音源がぎっしりと20曲、懐かしさよりも新鮮さで胸が一杯ですよ。

e0038994_010579.jpg

 まさしくロック者の上級生が好きな楽曲をちまちまと拾い集めた編集テープ、そんな1本を聞かされているかのような錯覚に陥りそうになるオムニバスCDです。

 そうなのです。私、chitlinが後追いで探し求めていた音とはひと味もふた味も違う、濃密かつ踏み込んだ選曲がなされているのです。
 1996年の時点で初めて聴くものばかりでした。

 ファンキーでノリが良く適度に重量感もあるM1「Apricot Brandy」が、これまた編集テープの1発目にはぴったりですね。確かに威勢の良さだけ、なのかも知れませんけれど。
 Rhinocerosというグループについては、スワンプ・ロックの愛好家に人気だというAlan Gerberが在籍していたことくらいしか知りません。

 打って変わって、扇情的な雄叫びから怒濤のギター・リフの応酬へと雪崩れ込むM2「Kick Out The Jams」と来ましたら、開いた口が塞がらないくらいの獰猛さですね。 

 そんなMC5による衝撃的なパンク・ロックに呆気にとられていますと、地鳴りのようなベース・ラインに導かれ汗臭い歌声と渋い音色のギターがまとわりつくように響くM3「Polk Salad Annie」が堂々の登場です。
 僭越ながら、Tony Joe Whiteには“お前、男だっ!”と呼び掛けてみたいものです。

 ここで1曲、ブリティッシュ・ロックが挟み込まれます。
 ロッキング・オンでは松村雄策が必死に推していましたBadfingerによるM4「No One Knows」。
 サディスティック・ミカ・バンドのミカによる語りが意味深ではありますが、この流れの中ではひどく端正な正統派のロックに聞こえて来ますね、と思いきや。

 今も縁のないAlice Cooperに続きまして、M6「Someday Man」とM7「Mad」が演出する夢のようなひと時を過ごすことが出来ます。
 田中宏明によりますとM6「Someday Man」については当時、初CD化であったとのことです。

 本盤に限らずほかの手持ちのオムニバスCD、『Windy Warner Soft Rock Collection Vol.2』(1996)にも収録されていまして、繰り返し聴くのはこのM6「Someday Man」であったりする訳ですよ。
 転調が効果的で構成に長けた楽曲に乗るPaul Williamsの苦み走った歌声が心に染みますね。
 それとは対照的にあまりの甘さに身悶えするほかないHarpers Bizarreには目眩を覚えます。

 ゴスペル調にしてNorman Greenbaumのファズ・ギターが天空を切り裂くM8「Spirit In The Sky」に次いで飛び出して来たのが、ご存知Little Featの代表曲であるM9「Willin'」です。
 1996年当時、このM9「Willin'」を聴いても何も感じ取ることが出来なかったことを白状しまければなりません。ようやくこの土の香りを味わうことが出来るようになりましたよ。

 またもやファズ・ギターが轟くのがM10「Six Man Band」なのですけれど、これがあの「Windy」で聞き慣れたAssociationなのか、未だにしっくりとは来ないのですよ。

 M11「To Put Up With You」については、前述のPaul Williamsも一員だったというThe Holy Mackerelという無名グループも先日、アルバム作品がCollector's Choice Musicから復刻されましたね。
 もはや定番曲ですね、同様に『Windy Warner Soft Rock Collection Vol.2』(1996)にも収録されていますし。
 ここでも良く練られた曲調に悲哀たっぷりのPaul Williamsの歌声が映えます。

 軽快ながらも繊細な仕上がりを魅せるM12「I'm With You」。
 このLoveについて、1960年代末のロサンゼルスにおける裏番長のような存在と言ってもよろしいでしょうか。意外と言っては失礼なほどに達者な連中なのではないかと感じます。

 続くM13「Soul Sister」Allen Toussaintがこれまた火照った身体をゆっくりと冷ましてくれるのです。まったりするも良し、軽く踊ってみるも良し。大人の雰囲気に酔いしれるのみです。
 この絶妙な配置、物凄く重要な役回りを演じていますよ。ここ、次の期末テストに絶対に出るぞい

 火花を散らす演奏に自然と腰も揺れ動くシングル曲、M14「Suavento」はMaloによるものです。硬軟取り混ぜられているとは言え、ロック・ミュージックの坩堝にあってこの手のラテン色はひと際気持ち良く響きます。
 Jorge Santanaの存在からSantanaの弟分と言いましても、ラテン・ロックとしては地に足の着いたまっとうな演奏が光りますね。

 The Electric Prunesにしては何だか出来過ぎのM15「Hey Mr. President」の次に控えていますのが、The StoogeによるM16「Down On The Street」です。
 切れています、音が。切れの良さが段違いです。その体脂肪率は限りなく低い値を指すに違いありません。
 1970年代を超えて轟く、研ぎ澄まされた音塊。これぞロック。

 適度に熟したM18「What Happened to the World That Day?」Tower Of Powerに気持ち良く酔わせてもらっていますと、M19「Motorcycle Mama」Sailcatに軽く身体をほぐされまして。

 大トリにPhil Ochsの登場です。
 最後の最後に持って来られたM20「When I'm Gone」から滲み出る、とてつもない無常観と来ましたら。
 もう絶句するほかありません。
 嗚呼!

More
by chitlin | 2007-09-25 00:21 | Pop/Rock
 ラウンジ感覚溢れるお洒落なピアノ・トリオ作品、『José Roberto Trio』(1965)を聴いてしっぽりとしてみましょうか。

e0038994_22472533.jpg

 ポップで可愛らしいジャケット・デザインからは想像することの出来ないほど小気味よく端正で切れのある演奏ながら、鬼気迫る緊張感などからはほど遠い非常にゆったりとした雰囲気を楽しむことが出来ますよ。

 まさしく気品溢れるピアノ演奏が際立つJosé Roberto Bertramiのことをちょいと調べてみましたら。

 “街も深い眠りに入り、今日もまた1日が終わろうとしています”というFM番組『クロスオーバーイレブン』のテーマ、「Fly Over the Horizon」でお馴染みのAzymuthというグループで後に名を上げたとのことです。

何とはなしに聞き流してしまうことも出来ますので、ともすれば気が付かないでいたとしても不思議ではないのですけれど、Manfredo Fest作のM3「Impulso」などでは目まぐるしくテンポを変えては駆け抜ける好曲なのです。
 これはただ者ではないなと即座に感じさせます。

 一方、M2「Dá-Me」M10「Flor Da Manhã」などではヴィブラフォンの音色も鮮やかなのですけれども、こうなりますと一体誰が演奏しているのだろうという疑問も浮かび上がって来ますけれどね。

 本盤も“Paradise Masters”という復刻シリーズからの1枚なのでして、相変わらず毎度のように嬉しい驚きをもたらしてくれますよ。
by chitlin | 2007-09-23 22:50 | Brazil/Latin
 6人組なのに“5人の友だち”というグループ名のDie Fünf Freundeによる5曲入りの7インチ・シングル、『In Dreißig Tagen Um Die Welt』(1991)です。

 
e0038994_23361998.jpg

 3連休の初っ端から、結構な陽気だというのに日頃の寝不足が祟りまして正午まで不貞寝をかましてしまうことも問題なのですけれど。

 音質はもとより演奏自体に大変問題があります。その演奏以上に男女ヴォーカルにも輪をかけて非常に問題があります。
 人によっては怒り出すのではないかと心配になってしまうくらいに歌が下手なのです。
 それが却って愛くるしいグループであると余計に感じさせてくれることも確かではあります。

 “彼女はオードリー・ヘプバーンに似ているんだ”と歌う割には物悲しい曲調のM1「Audrey Hepburn」で幕を開けます。
 その演奏力と合わせて、この時点から若干の不安が頭をよぎっては渦巻きます。

 続くM2「Das Kann Auch Ich」とM4「In 30 Tagen Um Die Welt」ではキーボードが効果的に挿し込まれトランペットが高らかに鳴り響くといった調子の、下手であることも含めて胸躍る完璧なギターポップです。
 特に表題曲のM4「In 30 Tagen Um Die Welt」では口笛やコーラスも活躍するために楽しさ倍増ですよ。

 残りは女の子ヴォーカルで短いながらも、またもや物悲しいM3「Petit Prince」に加えて物騒な表題のM5「Kill Them All」を織り交ぜるという心憎い構成によって聞き手のハートをがっちりと鷲掴み(!)という勝利の方程式をものにしているのです。

 ドイツ発、不滅のギターポップの登場です。でした。(←10年以上前に解散済みです)
by chitlin | 2007-09-22 23:50 | Pop/Rock
 フード・ブレインの『晩餐』(1970)、象のジャケット写真が目印です。
 わざわざ疲れた身体に鞭打って聴いてみた甲斐がありました。

e0038994_004461.jpg

 1998年発売の“ニューロックの夜明け”というシリーズの第7弾、“ニューロックの真髄”をまんまと垣間見ることが出来ますよ。

 復刻監修のひとりは曽我部恵一です。同じ年の生まれなのに、まったく異なる音楽道を歩んでおられるますね。(←当たり前です)

 ギタリストは陳信輝、鍵盤担当が柳田ヒロ、ベーシストはルイズルイス加部こと加部正義、ドラマーは角田ヒロ(つのだ☆ひろ)というまったく以て豪華な顔触れです。
 これで悪い訳がないとしか言いようがございません。

 M1「That Will Do」は疾風のごとき飛ばしまくる、ブギを変体させた1曲目です。
 下りのエスカレーターを駆け上がるかのような勢い(←・・・大したことではないですね)で迫り来る気持ち良さ。

 例えばM3「Waltz For M.P.B」で言えば、The DoorsのRay Manzarekからの影響でオルガンへと転向したという柳田ヒロの演奏が前面に押し出されました、やはりThe Doorsの面影を偲ばせるサイケデリアに心を揺さぶられてしまいますね。

 アルバム全編、歌の入らないインストゥルメンタル曲にあって加部正義の演奏が否が応にも鼓膜にこびり付いて来るのです。
 希有な閃きを魅せる陳信輝によるギターや柳田ヒロが奏でる奔放な七色のオルガンに一歩も引けを取らないリード・ベースぶりが凄まじいですね。

 果たして、角田ヒロががっちりと支える屋台骨を一足飛びにすり抜けて行き、縦横無尽に駆け巡る訳ですよ。
 痺れます。

 そんな中でM8「The Hole In A Sausage」ではひしゃげたクラリネットの音も飛び出すという15分にも渡る相当錯綜したインプロヴィゼイションをたっぷりと堪能することが出来ますし。

 プログレッシヴ・ロック、サイケデリック・ロック、ブルース・ロック云々を超越したところで鳴らされるイカしたロック・ミュージックであると。ただそれだけでよろしいのではないかと感じています。

 以前に採り上げました水谷公生の『A Path Through Haze』(1971)をじっくりと聴いた際と同様、1970年代初めの日本のロックがいかに先進的であったかの証左でもあります。
 いえ、正味の話、是非とも耳を傾けていただきたい日本のロックです。
by chitlin | 2007-09-21 23:56 | J-Pop

Heron / Heron (1970)

 強風だったものの今日も汗ばむくらいの陽気でして。ここは一丁、一発逆転という訳で(←何が?)Heronを聴いてみました。
 Dawn Recordsのロゴ・マークも入れられ、見開きの装丁も素晴らしい紙ジャケットCDです。

e0038994_114404.jpg

 誰が名付けたのか“木漏れ日フォーク”という形容がぴったりのHeronの初アルバム作品、『Heron』(1970)。
 小鳥のさえずりやそよ風が音盤に自然と溶け込んでいるのです。

 と言っているそばからM3「Harlequin 2」はR&B色の強い意外な1曲なのです。
 ほかの収録曲には随所にエレクトリック・ピアノなどが使われているにせよ、これはやはり例外的に感じてしまいますね。

 それ以外は徹頭徹尾、のびのびとした緩やかな音が織り成すというこの空気感には堪らないものがありますよ。野外録音(!)ならではの開放感、爽やかな風を感じ取らせてくれます。

 M12「Sally Goodin」を除きまして、アルバム後半には概ね不思議と統一感があります。
 優しく、そして温かく紡がれて行く音に夢うつつなのです。思わず脱力と言いましょうか、なすがままという訳なのですよ。

 とりわけM10「Goodbye」で聴くことの出来る粒立ちの良いギター(?)の音を全身に浴びてしまうと得も言われぬ感覚へと陥ってしまいます。

 非トラッドとは言え、陰影に富んだブリティッシュ・フォーク勢とは真逆の、そして下手であっても朴訥な歌と奇を衒うことのない簡素な演奏に否応無しに浸ってしまいますね。
 手作り感覚を超えて、彼らの奏でる音楽の温もりが確かに伝わって来ますよ。

More
by chitlin | 2007-09-18 01:17 | Pop/Rock

Grant Green / Standards (1998)

 最初に世に出されたのが『Remenbering』(1980)という表題の日本盤とのことなのですね。
 Grant Greenが残した1961年録音の未発表音源集、『Standards』(1998)の出番です。

e0038994_075345.jpg

 未曾有のMotown Records並とは言わないまでも、お蔵入り音源はBlue Note Recordsにも溢れている訳でして。

 Grant Green本人とベース、ドラムという珍しいと言えば大変に珍しいトリオ編成による肩の力が抜けた滑らかな演奏が本盤の最大の特徴です。
 この和やかな雰囲気というのにも格別のものがありますよ。

 簡潔にして小気味よいリズム隊ともどもGrant Greenによる文字通り、まろやかなギター演奏をたっぷりと堪能することが出来るのは勿論、M4「I'll Remember April」やM6「All The Things You Are」などで時折、垣間見えるラテンの味付けが心地良く響きます。

 日々の喧噪から逃れ、涼しい真夜中に耳を傾けるにはもってこいの1枚ですよ。
by chitlin | 2007-09-17 00:21 | Jazz